menu
ホーム » 業務用のお客さま » 業務用ガス料金

業務用ガス料金

 

 

■ GHP又は吸収式(30RT以下)を設置されている需要家が対象となります。
■ 空調専用メーターが必要となります。
■ 「冬期」とは1月~4月検針(12月~3月使用)の4ヶ月、「その他期」とは5月~12月検針
 (4月~11月使用)の8ヶ月をいいます。
■ガス料金の求め方
 当月のガス料金=基本料金+従量料金(調整単位料金×当月のガス使用量)
 調整単位料金=基準単位料金+原料費調整制度による基準単位料金の調整額(以下同じ。)
■ガス料金の算出に当たっては、月間使用量、年間使用量に応じて、次の1種~3種のいずれかの
 料金表が適用になります。

(税込み)
種別 ご使用量の目安 (㎥) 基本料金
(円/月)
a 基準単位料金 (円/㎥) a+b 調整単位料金 (円/㎥)
月間使用量 年間使用量 冬期 その他期 2020年7月

2020年8月

冬期 その他期 冬期 その他期
1種 124以上 1,488以上

3,300.00

160.83

143.19

148.80 131.16 148.35 130.71
2種 124~80 1,488~960

1,760.00

173.77

154.26

161.74 142.23 161.29

141.78

3種 80以下 960以下

770.00

186.50

165.17

174.47 153.14 174.02 152.69
b 原料費調整制度による基準単位料金の調整額 -12.03 -12.03 -12.48

-12.48

小型空調契約(選択約款)についてはこちら

 

■ 「冬期」とは1月〜4月検針(12月〜3月使用)の4ヶ月、「その他期」とは5月〜12月検針(4月〜11月使用)の8ヶ月をいいます。
■ 冬期は、都市ガス一般料金が適用になります。
都市ガス一般料金についてはこちら
■ 空調専用メーターが必要となります。
■ ガス料金の求め方
 当月のガス料金=基本料金(定額基本料金+流量基本料金)+従量料金(調整単位料金×当月の
 ガス使用量)
 流量基本料金=流量基本料金単価×契約使用可能量
■ ガス料金の算出に当たっては、月間使用量、年間使用量、冷房能力に応じて、次の1種~3種の
  いずれかの料金表が適用になります。

(税込み)
種別 ご使用量の目安(㎥) 冷房能力の
目安(RT)
定額基本料金
(円/月)
流量基本
料金単価
(円/㎥)
a 基準
単位料金
(円/㎥)
a+b 調整単位料金 (円/㎥)
月間使用量 年間使用量 2020年7月 2020年8月
1種 25,614以上 307,368以上 1,800以上

132,000.00

840.64

97.65

85.62 85.17
2種 25,614
~5,116
307,368
~61,392
1,800~360

28,600.00

840.64

101.54

89.51 89.06
3種 5,116以下 61,392以下 360以下

4,400.00

840.64

106.16

94.13

93.68
b 原料費調整制度による基準単位料金の調整額

-12.03

-12.48

空調夏期契約(選択約款)についてはこちら

 

■ 次に該当する場合に適用になります。
 ・契約年間使用量が契約最大使用量 (㎥/h)の600倍以上
 ・契約年間取引量が契約年間使用量 (㎥)の70%以上
 ・契約年間負荷率(※)が75%以上

    ※年間負荷率(冬期に需要が集中しない目安)
      年間負荷率 = (年間の月平均使用量/最大需要期1月~3月の月平均使用量)×100

■ 空調専用メーターが必要となります。
■ 「冬期」とは1月~4月検針(12月~3月使用)の4ヶ月、「その他期」とは5月~12月検針
 (4月~11月使用)の8ヶ月をいいます。
■ ガス料金の求め方
  当月のガス料金=基本料金(定額基本料金+流量基本料金)+従量料金(調整単位料金×当月の
  ガス使用量)
  流量基本料金=流量基本料金単価×契約使用可能量
■ ガス料金の算出に当たっては、月間使用量、年間使用量、冷房能力に応じて、次の1種、2種の
  いずれかの料金表が適用になります。

(税込み)
種別 ご使用量の目安(㎥) 冷房能力の
目安(RT)
定額基本料金
(円/月)
流量基本料金単価(円/㎥) a 基準
単位料金
(円/㎥)
a+b 調整単位料金(円/㎥)
月間使用量 年間使用量 冬期 その他期 2020年7月

2020年8月

1種 3,409以上 40,909以上 240以上

49,500.00

4,335.46

971.79

101.54 89.51 89.06
2種 3,409以下 40,909以下 240以下

8,250.00

4,335.46

971.79

113.36 101.33 100.88
b 原料費調整制度による基準単位料金の調整額 -12.03

-12.48

空調用A契約(選択約款)についてはこちら

 

 

■ 次に該当する場合に適用になります。
 ・18時~21時の使用量が1日の使用量の20%以下
 ・契約年間負荷率(※)が75%以上

    ※年間負荷率(冬期に需要が集中しない目安)
      年間負荷率 = (年間の月平均使用量/最大需要期1月~3月の月平均使用量)× 100

      ■ 最大需要期とは1月使用分(1月検針日の翌日から2月検針日まで)から
        3月使用分(3月検針日の翌日から4月検針日まで)の3ヶ月をいいます。

■ ガス料金の求め方
  当月のガス料金=基本料金(定額基本料金+流量基本料金)+従量料金(調整単位料金×当月の
  ガス使用量)
  流量基本料金=流量基本料金単価×契約使用可能量
■ ガス料金の算出に当たっては、次表が適用になります。

(税込み)
表区分 定額基本料金(円/月) 流量基本料金単価 (円/㎥) a 基準単位料金 (円/㎥) a+b 調整単位料金 (円/㎥)
2020年7月 2020年8月
A表

18,700.00

893.32

140.92

128.89 128.44
b 原料費調整制度による基準単位料金の調整額 -12.03 -12.48

時間帯別A契約(選択約款)についてはこちら

 

■ 次に該当する場合に適用になります。
 ・契約最大使用量が6㎥/h以上
 ・契約年間使用量が契約最大使用量(㎥/h)の600倍以上
 ・契約月平均使用量が837㎥以上
 ・契約年間取引量が契約年間使用量(㎥)の70%以上
 ・契約年間負荷率(※)が75%以上

    ※年間負荷率(冬期に需要が集中しない目安)
      年間負荷率 = (年間の月平均使用量/最大需要期1月~3月の月平均使用量)× 100

      ■ 最大需要期とは1月使用分(1月検針日の翌日から2月検針日まで)から
        3月使用分(3月検針日の翌日から4月検針日まで)の3ヶ月をいいます。

■ ガス料金の求め方
  当月のガス料金=基本料金(基本料金(甲)+基本料金(乙))+従量料金(調整単位料金×
  当月のガス使用量)
  基本料金(甲)=定額基本料金+流量基本料金(流量基本料金単価×契約使用可能量)
  基本料金(乙)=昼間基本料金(昼間基本料金単価×契約昼間使用量)+夜間基本料金(夜間
  基本料金単価×契約夜間使用量)
■ ガス料金の算出に当たっては、月間使用量、年間使用量に応じて、次の1種、2種のいずれかの
  料金表が適用になります。

(税込み)
種別 ご使用量の目安 (㎥) 定額
基本料金
(円/月)
流量基本
料金単価
(円/㎥)
時間帯別基本料金単価
(円/㎥)
a 基準
単位料金
(円/㎥)
a+b 調整単位料金 (円/㎥)
月間使用量 年間使用量 昼間(7~22時)
基本料金単価
夜間(22~7時)
基本料金単価

2020年7月

2020年8月

1種 4,908以上 58,896以上

101,200.00

1,050.26

22.66

9.63

86.55

74.52 74.07
2種 818~
4,908以下
9,816~
58,896以下

13,200.00

1,050.26

22.66

9.63

104.08

92.05

91.60

b 原料費調整制度による基準単位料金の調整額 -12.03 -12.48

時間帯別B契約(選択約款)についてはこちら

 

■ 発電システム又はトータルエネルギーシステムを設置されている需要家が対象となります。
■ 次に該当する場合に適用になります。
 ・契約年間使用量が契約最大使用量 (㎥/h)の1,200倍以上
 ・契約年間引取量が契約年間使用量(㎥)の70%以上
 ・契約年間負荷率(※1)が80%以上

    ※1年間負荷率(冬期に需要が集中しない目安)
      年間負荷率 = (年間の月平均使用量/最大需要期12月~3月の月平均使用量)×100

■ ガス料金の求め方   
 当月のガス料金=基本料金(定額基本料金+流量基本料金+最大需要期(※2)基本料金)+
 従量料金(調整単位料金×当月のガス使用量)

 

   ※2 最大需要期=12月使用分(12月検針日の翌日から1月検針日まで)から3月使用分(3月検針日の翌日から
  4月検針日まで)までの4か月間

 流量基本料金=流量基本料金単価×契約最大使用量
 最大需要期基本料金=最大需要期基本料金単価×契約最大需要期使用量
■ ガス料金の算出に当たっては、月間使用量、年間使用量に応じて、次の1種、2種のいずれかの
  料金表が適用になります。

(税込み)
表区分 定額基本料金
(円/月)
流量基本料金単価
(円/㎥)
最大需要期基本料金単価
(円/㎥)
a 基準単位料金
(円/㎥)
a+b 調整単位料金(円/㎥)
2020年7月

2020年8月

1種

110,000.00

859.99

1.12

71.07

59.04 58.59
2種

33,000.00

859.99

1.12

76.64

64.61 64.16
b 原料費調整制度による基準単位料金の調整額 -12.03 -12.48

トータルエネルギーシステム契約(選択約款)についてはこちら

 

■ 大口契約の料金等については、別途協議いたします。

 

■ 簡易ガス料金、LPガス料金については、
 お電話にてお問い合わせください。