menu
ホーム » お知らせ » 給湯器・給水給湯管の凍結にご注意ください

お知らせ

給湯器・給水給湯管の凍結にご注意ください

2021/12/16

今年も寒さが深まって参りました。

気温が氷点下になると、ガス給湯器や給水給湯管が凍結し、お湯が出なくなるケースが多発します。

当社へも故障のお問い合わせが寄せられますが、そのほとんどは給水管の凍結によるものです。

こちらでは各々への凍結防止対策をまとめておりますので、ご家庭でも確認ください。

 

【給水給湯管への対策】

1.ガス給湯器の給水管などに保温措置が取られていない場合には、保温材(市販の保温チューブ、タオル)等で巻くなど凍結防止の対策を取ってください。

2.給水管などが凍結してお湯が出ない場合には、無理に溶かそうとせずに、自然解凍を待ってください。

 

【給湯器本体】

給湯器には、気温が氷点下など非常に低いときに凍結よる本体破損を防ぐために、凍結防止機能が搭載されています。

(一部機器には未搭載。取扱説明書をご確認ください。)

気温が氷点下など非常に低いときにガス給湯器から音がすることがありますが、これはガス給湯器の凍結防止装置が作動しているもので、異常ではありません。

しかしながら早朝や、氷点下以下の気温と強風が重なった場合には凍結防止機能が作動しないことがあります。

そうした恐れがある場合の給湯器の凍結防止方法については下記のリンクをご参考に願います。

ノーリツ https://www.noritz.co.jp/aftersupport/disaster/cold_wave.html

 

お知らせ一覧へ